School Information

自分が求めていたもの – 遂に気づいたその時

なぜ、自分は人生の殆どの時間を色の探求に力を注いでいるのだろう。

何がそうまで自分を動かすのだろう💕

その答えが昨日の日本オーガニックレストラン協会(略称JORA)のKIYOさんとの対談で見えた気がした✨

結論からいうと、すべて本物、質の高いものを求めるということ

よく巷では、「本物を」とか、「クオリティが高いもの」をと言っているが、
それって何基準と思う。

まずは、「本物」とか「クオリティが高いもの」を本当に分かる力が自分にあるかどうか

ブランドだの、オーガニックなど、自分の価値観なしに、セレブ気分になれるから?
そうした価値観を持つ人も、人生を楽しんでて良いのかもしれないが、

本当に質の良いものは、「身体が自然と喜ぶ」ということ。

JORAさんの講座に出て、調理実習をしてみたが、
だし、サラダ、おひたし、などなど、
一口味見しただけでも、身体が喜んでいるのが分かった。

思わず「やさし〜い」と言葉がでるほど

オーガニック食品を選ぶのは、
「そんなにこだわって、自分を大切にして、一種のナルシストみたいな」
「高くて、もったいない」
なんていう思い

これ、全く違いますね

豊かな食の恵みに満たされている日本
だのに、現状を知ってみると、
農薬だらけ、加工品だらけ

どうしてこうも意識が低い日本人になったしまったことか
昨日体験講座に参加されていたデンマークの方がおっしゃっていたが、
デンマークのスーパーマーケットには、ほぼ100%近くオーガニックの野菜だという
農薬を使っている野菜は、スーパーの隅に置かれていて、農薬や加工食品ほど安い
食品表示を見ても、日本のように添加物が多いなんて考えられない。せいぜい2種類くらい
だそうです。

あ〜、どうして日本はこんなに意識が低いのか。

私は、ここのところ、色を通じて古き良き日本人の心を取り戻そうと、
「リ・カラー」「リ・ライフ」を訴え続けている

そうすることで、質の高い生活を送れると確証したからだ

それを、食からやっているのが、JORAだ

ツールが違うだけで、どちらから入っても、私たちの意識を高めるきっかけにつながる。

食は直接的なエネルギー源だから、
食を真剣に考えることで、精神や心も健康になる

具体的に実感するのは、オーガニックの食材を選ぶようになることで、すべてがオーガニックでないにしても、
ファストフードやコンビニの食品を一切とらなくなる
この意識が大切

身体に現れるアレルギーや、それにともなうかゆみ。
イライラしたり、すぐにキレたりといった精神的な弊害が生じている

もちろん食だけが原因ではないが、
食に気をつけるという強い意識が、
質の高い生活へと導ける

だから、私が色を探求している理由は、
何色が似合うとか、今日の気分の色は?というだけでなく、

色を通して人生への意識を高めていくということ

だって、色は人間のエネルギーだから

ここが、昨日のJORAでの体験講座で明確につながった

色と食(両方とも’しょく’)

意識を高める
人生や人の質を高める
本物を作る

二十数年の時を経て、再びJORAさん会えこうして一緒に仕事をするようになったのは、
なにか大きな力が結びつけてくれたような気さえする

IMG_2094.JPG

昨夜の打ち上げでいただいたお料理
本当に身体が喜んでいた

IMG_2095.JPG


最後のデザートは皮ごと食べれるバナナ(これぞ質の高いバナナ)

ご一緒に質の高いライフを送れるようにカラーリアムしましょう
「リ・カラー」「リ・ライフ」「エンジョイ・ライフ」

無料メールレッスンは以下でご登録ください。
https://coloriam.jp/mailman/

関連記事

カラーリアム・ローション

ソルーナオイル

無料メールレッスンを購読する

PAGE TOP